TOPRANK RACING(陸上部)始動しました!

初めまして!

トップランクの佐久間 祥(さくま しょう)です!

 

出身は福島県郡山市、福島県のほぼ真ん中にある中核市です。

 

 

郡山市は東京から新幹線で1時間30分ほどで行ける距離にあります。

地元の名物といえば、日本3大饅頭のひとつである薄皮饅頭や食パンに固形クリームを乗せたクリームボックス、全国でも珍しい鯉食の文化もあります。

 

陸上競技は高校から本格的に始め、大学、実業団と競技生活を約10年行ってきました。

大学時代は、関東学生連合チームとして箱根駅伝の10区を走らせていただきました。

また、元旦のニューイヤー駅伝では赤城おろしで有名な群馬県の上州路を走りました。

 

 

現在取り組んでいる競技種目は1500mから10kmまでの距離です。

また入社に伴い関係各所のご協力をいただきこの度、トップランク陸上部として正式に活動する

ことが決まりました!

 

チームの名前は、

「TOPRANK RACING」

クルマでも走りでも相手と、そして自分自身と

競い合うレースがあります。

まずは自分自身の能力を高め、社内外の皆さんに

応援していただけるような走りをすること、走りを通して

大切な人のために貢献し続けていきます。

 

さて、決意表明をしたばかりではありますが、先日TOPRANK RACINGとして初めて活動する大事な大会がありました。

 

私のふるさとである福島県で行われた、「市町村対抗ふくしま駅伝」です。

 

福島県内の市町村がチームでタスキをつなぎゴールを目指す駅伝です。

コースは福島県南部の白河市から県北部にある県庁所在地福島市までの16区間で、中学生、高校生、大学・一般の選手で走ります。

男女混合チームなので、戦略も多岐にわたりますし、なにより世代間交流が活発になり、絆が生まれる福島県ではとても意味のある大会です。

 

そんな大事な大会に今回は南相馬市チームとして参加させていただきました。

走った区間は10区。郡山市〜本宮市までの9.3kmです。

 

南相馬市のボアコートを着用し

身も引き締まります!

 

走った時の写真はなかったので、テレビ中継の切り抜きをお届けします。

 

 

中学生からタスキを20位で受け取り走り出しました!

 

 

コースはアップダウンがあるタフなコースで、各チームエース級を投入してきます。

中継所でのタスキ渡しです。3人を抜いてタスキを繋ぐことができました!

 

 

走り終わった後は、高校、大学と一緒のチームメイトと写真をぱちり。

これからもお互いに切磋琢磨しあっていきたいですね。

 

やはり、地元での大会は思い入れが格段に違います。

 

総合結果は、チームが17位、個人では区間19番でした。

 

まだまだ走り込みは足りませんが、そんな中でも自分なりに楽しく走り切ることができました。

 

今後も各種大会に参加した際は、こちらで報告させていただきたいと思います。

 

陸上競技では競技での成績だけでなく、社内外の皆さんが楽しく交流できるようなイベントを企画していきます。

 

その際はぜひご参加ください!!

PAGE TOP